オンライン金の糸とサビカス原著の輪読会を開催中♪ 詳細

技能検定2級論述試験

論述試験

キャリアコンサルティング技能検定2級の第14回から32回までの相談者の設定をまとめました。国家資格キャリアコンサルタント試験と比べると、就活の学生や定年近い相談者が取り上げられるのが特徴的です。

これはキャリアコンサルティング協議会の「資格のレベル感と成長過程」に示されている「実務で求められるレベル」

  • 豊富な実践経験を有し、在職者・求職者のみならず、学生・生徒も含めた幅広いクライエントに対して「厚みと広がり」を持った支援が可能なレベル
  • 相当な課題を抱えるクライエント(例:キャリアチェンジ希望者、他の専門職へのリファーを要する者)に対する熟達度の高い相談等対応

から理解できる幅広い設定と言えます。

つまり

  • 方向性の見えない就活生や若年層の安易な転職
  • 雇用条件や仕事における役割の変化
  • 子育てや介護と仕事の両立
  • 定年後の働き方

などが設定に出てきます。

相談者の年齢は、若者(学生就活)、中堅、高年齢が受験回に応じてほぼ周期的に表れているようです。次回第33回は何となく予想できますが、外してくるかもしれません。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次